1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX口座

FX口座

随時、個人的な口座の感想を述べていきます。

証券口座もそうですが、それぞれの会社に強みがあってその人の投資スタイルによって善し悪しは変わってくるので、自分の投資スタイルで使い分けてください!!


FXプライム

スプレッド完全固定。安定感のある会社です!




みんなのFX

初心者向け。




外為ドットコム





マネーパートナーズ

FX専業会社として初めて上場した会社で、安定感は抜群です。





MJ

スプレッドは極小で固定。
デイトレーダーにお勧め!!




DMM FX




トレイダーズFX







クリック証券




外為オンライン




FXブロードネット



アイディーオー証券




フォーランドFX





フォレックストレード




ひまわり証券





ジャパンネット銀行


スポンサーサイト

トレード基礎講座Lv.4~メンタルに優しい手法とルールの確立~

今回はトレード基礎講座Lv.4という事で「メンタルに優しい手法とルールの確立」を書いていきたいと思います。

尚、前回の続きですのでこれを始めて読む方は、下記を順を追って読んで貰えるとより理解が深まると思います。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
トレード基礎講座Lv.1~これから投資を始めようと思っている方へ~
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-33.html

トレード基礎講座Lv.2~投資家のスタイル別、証券口座の選び方と使い方~
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-43.html

トレード基礎講座Lv.3~負ける人のパターンとメンタルコントロール~
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-50.html
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

前回、投資において最重要なのは、メンタルだと書きましたが自覚している方や自覚できた方も多かったと思います。

今回はメンタルにやさしい手法やちょっとした技、自分のルール確立について書いていきます。

まず、前回メンタルの弱い人は[塩漬け]、[損切り出来ない]、[利食いが早い]、[なんとなくポジションを持つ]といった行動に出やすいと書きましたが、メンタル的に優しい手法や証券会社の機能を使って改善できる場合があるのでそれを紹介します。

[塩漬け]、[損切り出来ない]人は、

最初に損切りポイントを自分で設定していない人が塩漬けしやすい傾向にあります。ポジションを持つ前に、必ず損切りポイントを自分の中で設定してください。

基本的にはポジションを持つ前にどういう理由でポジションを持って、ここまできたら損切りという事を紙に書いて明確にしておくといいでしょう。

ベターなのは最初の注文と同時に「逆指値注文」を入れる事です。

逆指値とは、ある価格以下になったら自動で売り注文を出したり、ある価格以上になったら自動で買い注文を出したりという証券会社の注文機能です。

ストップロスとも言いますが、これを設定する事で最悪の事態(塩漬け)を回避することが出来ます。

メンタル的にも最悪いくらの損ということを想定しておけばマイナスが出ても冷静でいることができ、予想外のマイナスでパニック⇒塩漬けという事がありません。

損切りは相場で生き残るための基本なので必ずポジションを持つ前に設定してください。


[利食いが早い]人は、トレーリングストップという手法を試してみてください。

トレーリングストップとは、含み益が出た場合、ある程度の利益を確保しつつ利益を伸ばしていくという手法です。

どういうことかというと、例えば1000円で株を買い1100円まで上昇し100円の含み益が出ました。
その時に1080円まで下がったら利食い(高値1100円-20円)というラインを決めます。
そして逆に1080円まで下がらず、更に上昇して1150円まで行った時に利食いラインを1130円(高値1150円-20円)に引き上げます。(引き上げることをトレールといいます)
そして更に(高値-20円)まで下がらず、高値を更新するたびに、例えば1160円まで行ったら利食いラインを1140円(高値1160円-20円)と直近高値-20円にならない限りは永久に利益が伸びるということです。

これを繰り返していく事で、ある程度の利益を確保しつつ利益を伸ばす事が可能です。ここでは例として(高値-20円)にしましたが、20円のところはいくらでもいいです。

勿論この方法では最高値で利食いすることは不可能ですが、別に最高値で利食いする必要はなくいかに利益を上げるかという事が大事なので、
相場格言の「頭と尻尾はくれてやれ」とはそういうことですね。

補足すると、トレールは高値-○○円でなくても、相場の主要ポイントごとにトレールしたり、ある一定のポイントまできたら半分だけ利食いで残りはトレールする
というようにいくらでも応用は可能ですので自分で一番納得出来るものを探してみてください。

この手法はメンタル的にも優しく、一定の利益は守られているという安心感が出てきて、目の前の値動きに振り回されず利を伸ばすことが可能です。
ただ大事なことはMAX利益を基準に考えず、ストップラインの利益を基準として、最悪この利益は確保されていると考えるのがいいです。
ついつい利食いが早くなってしまう人は試してみてください。

[なんとなくポジションを持つ]という人、また逆に[ポジションを持つのに躊躇する]という人は

これらは俗に「ポジポジ病」と「ビビリ病」と言いますが、相対的なものなのでメンタルという観点で言えば完全に治すことは難しいです。

ですが、最終的にはこれらを治す事が目的ではなく、トレードで収益を上げるのが目的なので、対処方法としては、自分のルールを確立し守ることです。

少なくともこれによって「ポジポジ病」と「ビビリ病」でのメンタル的な負けは無くなります。

どういうことかというと、自分のルール以外ではポジションを持たない、逆に自分のルールのところではポジションを持つと決めることで、無駄にポジションをもって負けたり、ポジションを持つことにビビって収益を上げるチャンスを逃したりというメンタル的な負けは無くなるという事です。

そしてこれを実行し続けることでメンタルも鍛えられます。

ただ、そのルールさえ守れないという人もいますが、これは本気でトレードに打ち込んでいないという事でしょう。

トレードを通じて最終的に大きな目標がある人、もしくは絶対にやらなきゃいけないという状況まで自分を追い込めれば、いかにトレードと言えど「ルールを守る」という行為が「勝ちに繋がる」と考えれば、それ自体は簡単な事だと思います。

補足ですが、昔、他の人でルールを守れない人がいましたが、犬などにしつけをするような形で、自分がトレードでルールを守れなかったら自分に罰として○○をするといったように自分に罰を課す事でメンタル的な弱さを克服した人もいます。


ここまでで逆指値やトレーリングストップといったちょっとした技についてとルールを確立し守る事によってメンタル的な負けは無くなるということを書いてきました。

そしてこのルールをより機械的にしていく事で、システムトレードという手法になります。

システムトレードについては今後書いていきたいと思いますが、ここではまず、自分のルールを作るにあたってのアドバイスを書きたいと思います。


[ルールを作るにあたって]
ルールを作るにあたっては、まず、自己分析をしてテクニカル分析を重視しているのか、ファンダメンタル分析を重視しているのか、順張りなのか逆張りなのか、短期なのか、中期なのか、長期なのか、など自分がどういった投資スタイルなのか見つめなおしてください。

ちなみにテクニカル分析やファンダメンタル分析について、私はテクニカルで需給分析をしてファンダメンタルで裏づけというような位置づけで考えていますが、どちらがいい悪いではなく、自分の得意な分析方法を見つける事が重要です。

順張り逆張りについても一長一短ですが、どの時間軸で考えるかによってこれらの性格も変わってくるので、どの時間軸の投資が合っているのか、自分の生活スタイルなども含め考えてみてください。

そして大まかな方向性が決まったら次に具体的なエントリーポイント、利食い方法、損切り方法などを決めていきます。先物やFXの場合資金管理ルールも大事ですね。

最初から勝てるルールを確立するのは難しいと思うので、最初は簡単なルールから、いろいろな相場を経験し試行錯誤しながら徐々に確立していくといいです。

また、これは過去データを使って検証、バックテストをすることによって作るのもいいですし、もしくはバーチャルトレードを使っての検証、後は実際トレードをしていく中で随時ルールを変更、追加することで決めていくのもいいと思います。

そして実践に入るわけですが、ポイントは

・ルールを必ず守る

・トレード中にルールの変更をしてはいけない。

・ルールの変更はそのトレードが終わった後にする。

要は、ルールを作っても売買中メンタルに振り回されては元も子もないのでその点だけは注意しましょう。

後、トレード毎にちゃんとルールを守れているか反省し、ルールを守ってトレードで負けた場合はルールを進化させるチャンスだと思って研究を繰り返すことで、より磐石なルールになるでしょう。

メンタルに振り回されて負けるのは将来退場の可能性に繋がる本当の負けですが、ルールを守って負けたなら将来の勝ちに繋がるあるべき損失です。

逆を言えば勝ちトレードでも、ルールを守らなかったら将来退場の可能性に繋がる本当の負けです。

多分、手法やルールが確立出来ていないプロはいないと思います。

まずは勝つための第一歩としてマイルールを確立しましょう^^


最後にここからは、参考までに上記で紹介したルールを作る際に検証で使えるバーチャル取引のサイトやトレーリングストップを注文一つで自動でやってくれる証券会社などの紹介をしていきます。

ルールを作るときに検証に使える株のバーチャル取引が出来る「カエタ」です。ちなみに僕も参加中です^^
 


こちらはルールを作るときに検証に使えるFXのバーチャル取引が出来る「バーチャルFX」です。 




こちらは自動でトレーリングストップ注文ができるカブドットコム証券です。
株では自動でトレーリングストップの注文が出来るのはカブドットコム証券のみです。勿論逆指値も出来ます。
以下はカブドットコムのトレーリングストップ注文についての抜粋です。
「高値/安値に合わせてリアルタイムで逆指値注文を自動修正する自動売買です。
売り注文の場合「高値-【 】円を逆指値とし、当日高値更新幅に合わせて逆指値を引き上げる」という注文になります。」



トレード基礎講座Lv.3~負ける人のパターンとメンタルコントロール~

トレード基礎講座Lv.3

こんかいは負ける人の行動パターンとメンタルコントロールについて書いていきます。
当てはまる人は冷静に自分の行動を振り返ってみてください。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
ちなみに、
トレード基礎講座Lv.1~これから投資を始めようと思っている方へ~ 
はこちら↓
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-33.html

トレード基礎講座Lv.2~投資家のスタイル別、証券口座の選び方と使い方~(2010/1/11更新)
はこちら↓になります。
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-43.html
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

まず負けてる人のほとんどがエントリーポイントが悪い、損切りする場所が悪い、利食いする場所が悪いと思っているのではないでしょうか?
でも実際大抵の人はそういった手法で負けているのではありません。自分のメンタルに負けています。言わば自滅しているだけです。
意味がわからないと思うかもしれませんが冷静に考えてみてください。相場で100%の勝率は不可能ですし、毎回底で買って天井で売るのは不可能です。
損が出るのは当たり前であり、天井で売れないのも当たり前です。
ですが、
損切りに躊躇していませんか?
塩漬けしていませんか?
株を買って損切りや利食いをした後、その株が上がると後悔していませんか?
そしてその売買を次の売買まで引きずっていませんか?

まず、後悔することや引きずるのは間違いです。次のトレードで冷静な投資判断が出来なくなり、それはメンタルの弱さをあらわしています。
ここで重要なのは反省して次の売買に生かすのと、後悔して次の売買に引きずるのでは雲泥の差があるという事です。
後述しますが、これの意味がわからない人、もしくはどっちか悩んだ人は後悔して次の売買に引きずっている可能性の方が高いです。

人間には誰もが欲があり、相場に参加している以上勝ちたい、儲けたいという欲があるのは当たり前であり、普通は誰もが損切りせず利益を上げ続けられればいいと思います。
ですが、相場の仕組み上、本来の欲の通り動くと100%勝てずそれを抑えるのがメンタルコントロールです。
例えば欲の通り動いた場合、負けたくないという心理状態から損切りが出来ず、損切りしなければ塩漬けになり、いずれ退場になりますよね。
結局、負けてる人は勝ちたい思いが強すぎてメンタルコントロールが出来ず負け組になっているのが現状です。
投資で勝つために一番重要なのは手法ではありません。メンタルコントロールです。
これに気付き、メンタルコントロールが出来るようになるのが投資で勝つための第一歩です。

ここまでで、多少、投資で勝つためにはメンタルコントロールが大事だということは分かって頂けたと思いますが、具体的にメンタルが弱い人の症状、原因、客観的に考えた場合を書いていきます。

症状①
[塩漬け]
原因:自分の想定外に損が膨らみ損失を確定させたくない、待っていればそのうち戻るかもしれないという希望的観測が働く。
客観的に考えた場合:普通に考えれば株は時価なので確定しようがしまいが含み損=損失。上がるか下がるかわからないものより上がる確率の高い株を買った方が良い。資金効率が悪い。希望的観測はギャンブルであり投資ではない。

症状②
[損切り出来ない]
原因:損切りした後上がったらもったいない。損を確定させたくない、負けたくないという心理状況が働く。
客観的に考えた場合:相場はたまに誰も予想しなかった以上に動く事があるため、損切りしなければ99勝1敗でも退場になる場合がある=言わば損切りは万が一の命綱であり死なないための経費。

症状③
[利食いが早い]
原因:人間は負けている時は買った値段を基準に考えるが、勝っている時はMAX利益を基準に考えるため、利益が減るのは嫌だ。プラスだからいいや。という心理状況が働く。
客観的に考えた場合:負ける時と勝つ時の金額が同じであれば勝率50%でチャラ。逆に金額の比率によっては勝率90%でも負け、勝率10%でも勝てる。この比率を考えず気分で決済してては負けて当たり前。

症状④
[なんとなくポジションを持つ]
原因:なにもしてない時間がもったいないと思う。買えば上がるかもという希望的観測が働く。
客観的に考えた場合:負けたらお金がもったいない。根拠が無い希望的観測での売買はギャンブルであり投資ではない。

以上が代表的なメンタルからくる症状ではないでしょうか?
客観的に考えれば上記の行動が当てはまる人が勝てるわけがないですよね?
でも目の前の値動きや自分のお金が減っていくという状況は精神的に相当きつい事なので、こういった行動に出てしまいます。
当てはまった人は、相場ではいかに冷静でいなければならないか。いかに冷静になっていなかったか。考えてみてください。
そして冷静な判断、客観的な判断をするためには、メンタルコントロールが必須です。

そして先程の後悔と反省の差ですが、
後悔して引きずるのは上記の症状になりやすくメンタルの弱さを表しています。
反省して次に生かすのは上記の症状にはなりにくくメンタルが強い証拠です。

後、中には「自分が買えば下がり売れば上がる。監視されているんじゃないか。」なんて事をまじめに言い出す人がたまにいます。
これは全てメンタルの弱さが自分の脳で作り出した幻覚です。
なんとなくポジションを持って、利食いが早く、損切りが遅ければ確率的に負けて当然です。
にもかかわらず、自分の中で勝てる時のイメージが弱くなり、負ける時のイメージが強くなって
自分の脳で負の連鎖を引き起こし一種のトラウマに近い状態になり、
そしてそれを冷静に考えられないため最終的に相場のせいにするのだと思います。
マーケットは平等なリスクとリターンがあるのに個々のメンタルの強さや弱さでこうも結果が変わるのは恐いことですよね。


繰り返しになりますが、勝ちたい気持ちが負けを引き起こしているというのは惨いかもしれませんがそれが相場です。
目の前でお金が上下すると冷静でいられないかもしれませんが冷静じゃなければ勝てません。
欲をコントロールするというのは大変なことですが、相場は決して楽して儲かる場所ではありません。
何十年も相場で勝ち続けていた人間が一瞬の心の隙で退場に追い込まれるというのも珍しい話ではありません。

勝つことより負けないこと。これの指す意味がわかると思います。

厳しい意見を羅列しましたが、これが現状であり自分の負けている原因がわからない以上は勝ち組になれないので、負けている人はこれを期に自分の売買を冷静に振り返って頂きたいです。
今回はメンタルコントロールの重要さ、相場の恐さを知ることと自分の売買を振り返り認識することが出来ればいいと思います。

ちなみに今回で自分でトレードするのは恐いと思った人もいるかもしれませんが、プロに任せるというのも一つの手だと思います。
金利をみると日本の銀行に資産を預けるのも馬鹿馬鹿しいので、今の時代、銀行以外で資産運用はするべきだと思いますが、それが自分の手であれ、人の手であれ将来のための資産形成が出来ればいいと思います。
そういった時間のない人や自分でやるよりプロに任せたほうが効率よく資産運用が出来ると考えている人達が、私などにお金を預けているので、将来から逆算して、いろいろな可能性に目を向けるのも大事ですね。

そして次回の基礎講座では、精神的負担を軽減する技やテクニックなどがあるのでそれについて書いていきたいと思います。
基礎講座はこれから何回かメンタルについて書いていくと思います。テクニカルの事や手法は二の次なので、それについてはメンタルコントロールについて書き終えてから書きます。

質問などあれば気軽にコメントください^^

トレード基礎講座Lv.2~投資家のスタイル別、証券口座の選び方と使い方~

トレード基礎講座Lv.2(2010/1/11更新)

今回はトレード基礎講座Lv.2という事で「投資家のスタイル別、証券口座の選び方と使い方」について書いていきます。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

尚、トレード基礎講座Lv.1~これから投資を始めようと思っている方へ~ 
はこちら↓になります。
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-33.html

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

まず証券会社の選び方についてですが、たくさんある証券会社からどれを選べばいいかわからないという初心者の方にも参考にしていただきたいですが、この業界は手数料がめまぐるしく変わったり、機能の追加も頻繁な世界ですので、もう取引を始めている方でも、コスト削減、投資環境の充実を図るため証券会社の定期的な見直しは必須だと思います。

証券会社は,
その会社毎に強みを持っていて、手数料の安さを売りにしている会社や、特別なツールを売りにしている会社、注文の多彩さを売りにしている証券会社なんかもあります。

どれも口座開設は無料ですし、持っていて損はないので、自分のトレードスタイルやトレードのレベルアップを図るためにうまく使いこなすのは重要です!
そういった証券会社の方針や、どういった投資家に向いているかについて個人的な意見を書いていきたいと思います。

ちなみに手数料に関しては「約定毎」に手数料が掛かるものと、「一日定額」のものがあるので、ここでは総合的にみて、安い高いを判断しています。
細かい部分は、ご自身の資産状況やトレードスタイルによって変わってくると思うのでホームぺージでご確認ください。

証券会社の特徴

クリック証券・・・手数料の安さを売りにしている証券会社です。ここは株以外にFXや225先物も手数料の安さで有名です。そしてシングル・サインオンという機能があり、1回のログインで株、FX、先物オプションすべてのサービスを利用できるようにするユーザーID一元管理方式を取っていてリアルタイム振り替えが可能です。なので、様々な商品に投資するタイプの方や、株だけじゃなく225先物やFXもやってみたいという方にお勧めです^^
手数料も安くツールもそこそこなので初心者から上級者まで使いやすい使用になっています。

     

SBI証券・・・手数料の安さを売りにしている証券会社です。 クリック証券と手数料を比べても約定代金によってまちまちですが、全体的にみると安めです。 以前は、ここが単独で手数料が一番安かったので口座開設数はNO,1ですね^^ツールもそこそこです! 手数料が安いのでここも初心者から上級者まで使いやすい使用になっています。



楽天証券・・・手数料も比較的安めですが、ここはなによりもマーケットスピードという強力なツールがあることでしょう。特にRSSはEXCEL上でリアルタイムに株価などのデータを表示出来るツールです。楽天RSSは私も愛用していて、日中張り付いて取引をするデイトレーダーの方にはEXCELの知識があればリアルタイムで独自のランキングを表示させたり出来るので使いこなせればかなり強力な武器になります!

         

マネックス証券・・・ツールと注文の多彩さが売りの証券会社です。特にマネックストレーダーはテクニカル分析を用いてシステムトレードを行うためのさまざまな機能が備わっています。テクニカル検索機能、バックテスト機能、自動売買機能、自分だけのプログラムも作成できます!また、銘柄をその株価チャートの形で検索できる「トレンド検索」なども出来るのでこちらも強力な武器になります。手数料は高いですが、自動売買が出来るのでサラリーマンの方にもお勧めですし、日中張り付くデイトレーダーの方もこのツールの機能はお勧めです。
後、ここはオリックス証券と統合するらしいので更に進化したツール、手数料体系の変化にも注目しておきたいです。



ひまわり証券・・・システムトレードに特化している証券会社で日経225先物に強いです。トレードシグナルというツール(月額19,950円)を使えば様々なテクニカル指標のバックテストが出来ます。更に少しプログラミングの勉強をすれば自分で新しいテクニカル指標を作ったり、自分の売買ルールのバックテスト、そのルールで自動売買も出来ます。ツールのレベルはかなり高いので、中上級者向けですね。手数料は高めですが、日経225先物をやる上でもっておいて損はないです。トレードシグナルを新規に申し込むと1ヶ月程度無料で使えるので、その間にバックテストをするということもできます^^225先物の研究や自動売買にはかなり使えますが、株の取引には向いていません。


           
カブドットコム証券・・・注文の多彩さが売りの証券会社です。日中張り付いて取引が出来ないサラリーマンの方向けです^^指値や逆指値はどこの証券会社でもついていますが、ここは±指値、リレー注文、トレーリングストップ、時間指定注文が出来ます。夜のうちに仕掛けから反対売買まで利食いもロスカットも自由自在のシステマチックな株式投資が可能です。ツールもそこそこです。手数料は高いですが、ついつい利食いが早くなってしまうという方にはトレーリングストップ機能が使えますし、使い方によってはかなり使えますね。



トレイダーズ証券・・・ここはなんといっても225先物に特化した証券会社です。約定スピードも格段に速く、トレードスタジアム(月額5250円)というソフトを使えば、バックテストからシステムトレードにまで使えるので225先物を取引する方はここの口座は持っておいた方がいいです。
尚、トレードスタジアムは初月無料です。株の取引には使えません。



とりあえずという事で上記7つをご紹介しましたが、他にも使ったことのある証券会社がありますので、どんどん追加していきたいと思います。
そして参考までに現在の私の使い方を例に出すと、

まずトレードスタイルは信用取引で基本的には一日に4銘柄前後を日中張り付きながら、朝に仕掛け引け間際で手仕舞いするというスタイルなので、
注文に関しては自分の取引金額に対して「約定毎」の手数料が安い「クリック証券」を使っています。
そしてツールに関しては上記の通り、楽天RSSを使っていますが、楽天の信用口座を開設しているのでツールは無料です。

こんな形で、注文は安いところで行い、ツールは自分が使いやすい所を使うという「いいとこ取り」をしています。
みなさんもなるべく経費を掛けず高機能なものを使いたいと思うので、こういう使い方はお勧めです。
初心者の方で迷っている方は、手数料が安いに越したことはないので、クリック証券がいいと思います。

そして大体のツールは1ヶ月間無料だったり、無料条件があったりするのでその間にバックテストを行ったりツールを試したりして安くて高機能な組み合わせを見つけられるといいと思います^^

トレード基礎講座Lv.2では証券会社の選び方ということでトレードの準備の段階でしたが、Lv.3からは実践的な事を書いていきたいと思います。

トレード基礎講座Lv.1~これから投資を始めようと思っている方へ~

トレード基礎講座Lv.1

今日はこれからトレードを始めたいと思っている方やトレードに興味があるが、なにからはじめていいかわからないという方に向けてトレード基礎講座を書いていきます。

まず、①で「投資対象の決め方」、②で「最低必要な資金」、③で「証券会社の選び方(触りのみ)」、④「それでも一歩踏み出せない方へ」という4部構成で書いていきます。

わからない言葉があった場合googleの検索窓で「○○とは」と検索してください。(例・・・「レバレッジとは」)

①まず商品選びについてです^^

株式投資、FX(外国為替証拠金取引)、日経225先物

今日本でメジャーなのはこの3つではないでしょうか。

他にもCFDや225先物オプションなど様々なマーケットで取引できる金融商品があり、日に日に増えていますが、どの商品がいいという事はなくどの商品もメリットデメリットがあります。

今回はメジャーな3つの商品を簡単に比較

株式投資・・・企業への投資
FX・・・通貨の売買
日経225先物・・・日本経済への投資


株式投資のメリット・・・配当、優待が貰える、銘柄は4000近くから選べる、税金は今なら10%
     デメリット・・・倒産リスクがある、取引は9時~15時まで、差金決済ができない

FXのメリット・・・24時間取引可能、スワップ金利が受け取れる、少ない資金で高い利益が追求できる(レバレッジ)、差金決済できる
   デメリット・・・投資金以上の損失を抱える可能性がある

225のメリット・・・少ない資金で高い利益が追求できる、倒産リスクがない、差金決済できる、取引は9時~20時まで
   デメリット・・・投資金以上の損失を抱える可能性がある

他にもメリットデメリットがありますが、例えば「投資金以上の損失を抱える可能性がある」という部分に関してはリスク管理を普通にやれば問題ありませんし、逆にリスク管理をちゃんとやれば高い利益を追求できます^^
株の取引時間に関しても一日に何回も取引するようなデイトレードスタイルでなければ、夜のうちに注文を出しておけばいいだけだったりします。

結論をいうとメリットをデメリットに変えるのも、デメリットをメリットに変えるのも投資家次第ということです。

後、どの市場が勝ちやすい負けやすいということはありません。人によって、やりやすいやりにくいはあると思いますが、株で勝てる人はFXでも勝てると思いますし、逆でも225でもそうだと思います。

要は基本が大事ということです。

ただこれだけ書かれても、どれにしようか迷ってしまう方もいると思うので、私個人的には、総合的に初心者の方が始めやすいと思う株式投資をお勧めします。


②次に資金についてです^^

上記3つの商品は10万円あれば取引はできます。株に関して言えば買えない銘柄もありますが、まず最初にとりあえず始めるぶんには大丈夫でしょう。


③最後に証券口座についてです^^

証券会社についてですが、今はオンライン証券でパソコンから資料請求をして記入し送り返すだけで口座が出来るので、わざわざ家を出る必要はありません。

証券会社によって、いい点悪い点がありますが、主に「手数料」、「ツール」、「注文の機能」が決めるポイントで大事な点でしょう。どの証券会社がいいかは投資家のスタイルによって変わってきます。

長くなってしまうので、それはまた別の記事で「投資家のスタイル別、証券口座の選び方特集」で書きたいと思います。
            
④それでもまだ一歩踏み出せない方へ

上記の「投資対象の選択」、「資金の準備」、「証券口座」が揃えばトレードは開始出来ますが、

資金がまだ無いという方や、まだ一歩を踏み出せないという方には、バーチャルトレードをお勧めします^^

バーチャルトレードとはその名前の通り、仮想資金で売買出来ます。
なので、実際始める前の練習や、どういう感じのものかを掴んだり、自信をつけてから始めるのにも使えます^^
勿論負けても仮想通貨なので、請求されるなんて事はありませんし、無料で楽しめます。

特に↓のバナーの「Kaeta」はmixiでバーチャル株取引が出来るような感じで、トレード友達が出来たり、みんながどの銘柄に注目しているかもわかったり、情報収集も出来るのでおもしろいです。
それに板情報が見れたり、チャート分析まで出来るので本格的です!!
登録もmixiと同じでメールアドレスの入力だけですね。
ちなみに私もtraderkkという名前で参加中です。探してみてください^^

株のバーチャル取引はこちら↓        


バーチャルFXに関しては、テレビCMでお馴染みの外為ドットコムが主催です^^
こちらは、上位入賞者に商品も出ます。FXに興味のある方はこちらですね!

FXのバーチャル取引はこちら↓



今回は投資をこれから始めようと思っている方に向けて書きました。

尚、トレード基礎講座Lv.2~投資家のスタイル別、証券口座の選び方と使い方~
はこちらになります↓
http://hypertradingsystem.blog13.fc2.com/blog-entry-43.html

そしてこれから徐々にレベルを上げた記事を書いていきたいと
思います^^
尚、メッセージは随時受け付けていますので気軽にコメントください。
プロフィール

システムトレーダー

Author:システムトレーダー
職業は都内の某ファンドでトレーダーをしています。
主に投資家さんから預かったお金を運用しています。
そしてブログでは、独自のスクリーニングと分析を使っての日々のトレード結果、今後の戦略、投資という分野全般に共通する心理等について書いていきますヽ(^o^)丿

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
17020位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
3530位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。